医師とオンコール

オンコールとはいわゆる待機当番のことで、夜間休日に常に連絡が取れるよう待機しておくことを言います。患者さんの急変や緊急手術など状況に応じて駆けつけることもあれば、病院で当直を行っている医師への口頭での指示、相談、アドバイスをします。オンコールが「待機」と言っても、家で普段のように過ごしたり、買い物、食事、レジャーなど自由に過ごしても何ら構いません。ただし常に連絡が取れる状態にあることと、オンコールがあり病院に急行を要する際には、直ちに病院へ向かうことが必要になります。そのため、結局は生活行動が限定され、実質的には「勤務している」「拘束されている」感覚が否めないようです。

オンコールは勤務する病院や専門とする診療科目によって、その内容や対応時の条件が異なります。オンコールで病院直行が多いのは外科・麻酔科・小児科・産婦人科の医師たちで、オンコールを受けたら30分から1時間以内に病院に到着しなければならないと、厳格にルール決めする病院もあるようです。これらの診療科医は、オンコールを受けても比較的口頭指示だけで済む他の診療科医に比べて緊急オペや分娩など口頭による指示だけでは済まないことが多く、オンコールがあればどうしても病院へ行く必要性が生じてきます。

オンコールはたいていの場合、当番制で担当しますが、スタッフ数が少ない病院では当然オンコールの回数が多く、それとは別に当直勤務が入るので夜間休日帯が完全フリーになる時間が非常に限られることが分かります。また交代要員がいない小さな病院の麻酔科医などは、365日、24時間オンコール体制を強いられ、お酒を飲んだり、旅行に行くなどレジャーやリフレッシュの時間さえない状態の医師もいるようです。

またオンコールは労働基準法には「手待時間」に相当し病院によってはオンコール手当5,000円/1回、実際に呼ばれて手術・分娩などの仕事をすれば超過勤務扱として実働分を支給する、という所もあります。しかしながら深夜、タクシーをつかまえて病院に急行したのに交通費は実費、時間外手当さえ付かない、などボランティア的な処遇でオンコールを厳密な職務規定として定めていない病院も少なくないようです。さらにオンコールで呼び出され、手術、徹夜、と朝まで働いたとしても次の日は通常勤務として働かなければなりません。

オンコールは医師の過酷でハードな仕事の一端にのしかかる重たい職務となっているようです。

電車運転士に強い転職エージェントランキング

Copyright (C) 2007-2017 医師国家試験のリアルタイム報告. All Rights Reserved.